チーム設計師の考え事

日々、考えていることをつらつらと

ただの日記

地層と感情 。システム・ジオグラフィー Day2

国の次は地層。そうして世界は成り立っている。 システムコーチングのトレーニングを受けている。2日目が終了。 Day2は、関係性の「地層」の話に終始した。正直、まだ自分の中でかみ砕けていない。 地層には4つの層があり、外的役割、内的役割、秘密の役割、…

相互理解のための、旅というメタファー 。システム・ジオグラフィー Day1

システムコーチングのトレーニングを受けている。1日目が終了。 ひたすらにランズワーク®︎を行う一日だった。 ランズワークは、相互理解を確立するためのツールだ。自分を国にたとえて、その国の様子や文化、特徴を表現する。そして、お互いの国を「旅」する…

システムコーチングのトレーニングを受けてきます。システム・ジオグラフィー Day0

チーム作りは、1+1を2未満にしないことだと考えている。「1+1=100!」という世界観とはちょっと違う。 なぜなら、人と人とが関わることで、何かしらの問題が起こるためだ。 それはコミュニケーションミスかもしれないし、目的のズレかもしれない。好き嫌いか…

肉を食べても体調が戻らなかった

誰かの言葉が、他の人の生き方に影響を与えることがある。 ぼくに影響を与えた言葉は何個か思いつく。その中のひとつが、これ。 「体調が悪いときは、肉を食えば治る」 学生時代に、ちょっとブラック目な居酒屋でバイトをしていたとき、店長に教えてもらった…

違う業界の人とも関わると視野が広がる

4年半。「千葉でファシリテーションについて語る会」というコミュニティに関わり始めてから経過した時間。 ぼくのメインの仕事であるスクラムマスター・アジャイルコーチにとって、ファシリテーションは必須スキルと言える。そのスキルを伸ばしていくために…

ふりかえりでアクションがでない場合は、未来に目を向けるといいのかも

過去ではなく、未来にも種はある。 今、支援をしているチームのひとつに、「困りごとがないことが困りごと」という状態になっているチームがいます。 中長期的には、伸ばしていきたいスキルやマインドはあるものの、直近では特に問題がありません。なので、…

仕事に、プラスアルファをする

誰しも、記憶に残っている言葉があると思います。それが、仕事をするときの心がけになっていることもしばしば。 ぼくにとっては「仕事に、プラスアルファをする」が、そんな言葉にあたります。 これは、ぼくが一番最初に入った会社で、社長から社員に向けた…

はてなブログを書こうと思ったきっかけ

自分の今の気持ちを含め、メモや実験を兼ねて。 ぼくの過去のブログに関する変遷は下記の通り。 WordPressで初ブログ、あまり続かず。ブログ周辺の仕組みを学ぶ Scrapboxでブログにチャレンジ。SEO的に微妙で、これもあまり続かず。書き心地はよかったのだが…